《春待ち》諏訪 智美

《Waiting for spring》SUWA Tomomi

《春待ち》諏訪 智美
《春待ち》諏訪 智美

 日本画/岩絵具、麻紙、パネル

 2020年 65.2cm×65.2cm

 Japanese painting / pigment made by pulverizing minerals or artifical one, Japanese paper, panel


“畦をゆく足元には、冬を越す草花。小鮒の泳ぎだす春を、そっと待ちます。土に根を張る草と、水に遊ぶ魚とが、響き合い並び立つような表現を探しています。”


諏訪 智美(SUWA Tomomi)

博士(芸術学)(Ph. D. Arts)

略歴

2008年 筑波大学芸術専門学群卒業
2010年 筑波大学大学院 人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻(日本画領域)修了
2014年 筑波大学大学院 人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻(日本画領域)修了

活動歴

2008年 筑波大学芸術専門学群卒業制作展(茨城県つくば美術館)、芸術専門学群長賞
2012年 第44回日展(国立新美術館/東京)、以降13年、改組新日展14、16~19年
2013年 平成24年度研究に対して(筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻)、芸術専攻優秀研究賞
2018年 第5回続京都日本画新展(美術館「えき」KYOTO/京都)、賞候補
2019年 春の特別展「高松松平家博物図譜 自然に挑む 江戸の超グラフィック展」(香川県立ミュージアム)、《衆鱗図 鯵図 技法推定模写―工程解説のために―》収蔵

概要を観覧
awards